>>症状と病気について
トップページ
ごあいさつ
診療案内
クリニック案内
病気について
治療について
交通の案内
お役立ちリンク
医療機能情報を表示します
個人情報保護について
文字が大きくなります 標準的な文字の大きさです 文字が小さくなります

 泌尿器科の病気の主な症状と、それによって考えられる主な病名は以下のようなものです。
 これらを、「年のせい」「気のせい」「一時的なもの」と自分で考えて、諦めたり、無視したり、おじけづいたりせずに、先ず受診してみて下さい。
十分にお話を聞き、必要な最小限の検査を順次行っていきます。診断が付けば、必要に応じて、主に内服薬による治療を行います。もし、特殊な検査や入院や手術が必要な場合には、話し合いの上、連携病院等へ紹介します。
(病気の説明は、病気と検査についてのページを参照して下さい。)

1) 尿が出難い(すぐに始まらない、勢いが弱い、途切れる、終わるまでに時間がかかる)。排尿の回数が多い(昼、夜、昼夜とも)。尿の切れが悪い(スッキリと終わらない)。残尿感がある。
  【男性】 前立腺肥大症、慢性前立腺炎、前立腺癌、尿道狭窄、等
    【男性女性】 神経因性膀胱、慢性膀胱炎、膀胱結石、夜間多尿、等
2) 排尿の我慢をし難い(トイレに着く迄に漏れそうになる、漏れてしまう)。
排尿の回数が多い(昼、夜、昼夜とも)。
  【男性女性】 過活動膀胱、不安定膀胱、間質性膀胱炎、急性膀胱炎、神経因性膀胱、下部尿管結石、等
    【男性】 前立腺肥大症、慢性前立腺炎、等
3) 排尿の時や排尿後に痛みがある。または、尿道から膿のような物が出る。
  【男性】 急性細菌性尿道炎、性行為感染症(急性淋菌性尿道炎、急性クラミディア性尿道炎)、急性前立腺炎、尿道結石、等
    【女性】 急性膀胱炎、膣炎、外陰部炎、等
    【男性女性】 膀胱結石、間質性膀胱炎(=頻尿あり。膿無し。)、等
4) 咳やクシャミや力んだ時に、尿が漏れる。
  【主に女性】 腹圧性尿失禁、神経因性膀胱、等
    【男性】 前立腺の手術後、等
5) 下腹部や会陰部(肛門の手前)に不快感がある。
  【男性】 慢性前立腺炎、前立腺肥大症、前立腺癌、等
    【女性】 慢性膀胱炎、等
    【男性女性】 神経因性膀胱、膀胱結石、等
6) 血尿が出る(尿が赤い・茶色い、検査で指摘された)。
  【男性女性】 膀胱癌、腎盂・尿管癌、腎臓癌、急性出血性膀胱炎、 尿路(腎・尿管・膀胱)結石、慢性腎炎、特発性腎出血、等
    【男性】 前立腺癌、等
    【女性】 尿道小阜、等
7) 尿が濁っている。または、尿のにおいがおかしい。
  【男性女性】 慢性膀胱炎、神経因性膀胱(多量の残尿)、等
8) 「膀胱炎」を繰り返す。
  【主に女性】 難治性膀胱炎、過活動膀胱、神経因性膀胱、 間質性膀胱炎、膀胱結石、等
9) 突然、左右どちらかの背中が痛みだした。
  【男性女性】 尿管結石症、急性腎盂腎炎、等
10) (風邪などの症状がないのに)高熱が出る。
  【男性】 急性前立腺炎、急性精巣上体炎、等
    【男性女性】 急性腎盂腎炎、等
11) 睾丸(精巣)やその付近が大きくなってきた(または、痛む)。
  【男性】 精巣腫瘍、傍精巣腫瘍、急性精巣上体炎、精巣回転症、精巣水瘤、精液瘤、鼡径ヘルニア、精索静脈瘤、等

 その他、小児夜尿症、ED(勃起不全)、包茎、パイプカット(希望)等の相談や、一般の内科的症状(感冒症状、腹痛、下痢、不眠など)にも、可能な範囲で対応致します。

>>前ページへ戻る
>>このページのTOPへ
総合案内お問合せ個人情報に関するお問合せ個人情報保護について
〒640-8319 和歌山市手平5-1-15 マエダビル1F        TEL:073-423-2330 FAX:073-423-2303